2014年06月30日

有限会社 栁田住宅

〒882-0104
宮崎県延岡市北方町角田丑88

2014年06月14日

2014年6月14日のお知らせ

宮崎飫肥杉の特徴をアップしました

宮崎飫肥杉の特徴

宮崎飫肥杉

「飫肥(オビ)杉」についてご紹介します。

飫肥杉は、宮崎県南東部の日南市付近で育成される杉でその特徴は、樹脂を多く含んでいるため弾力性があり、湿気に強く、腐りにくい、さらに、曲げに耐え、加工しやすい材質です。

また、裂けにくい、折れにくいに加え、衝撃や揺れに強く、芯材(赤身部分)については、シロアリに侵されにくく耐久性があります。

この飫肥杉の床材を特殊な乾燥方法を経て、「浮造りフローリング」や「リブ加工板材」として節の殆ど無い商品に仕上げています。


●無節浮造りフローリング


宮崎県飫肥杉・無節浮造りフローリングは、以下のような効果があると言われています。


1.足裏を刺激し、身体のバランスを改善。
 肩こりや腰痛・偏頭痛の予防に。

2.可視光線を吸収し、眼精疲労を防ぎます。

3.湿度調整効果があり、冬暖かく、夏ひんやりの感触があります。

4.素足で暮らしが楽しめ、自己治癒力が高まります。


▼無節浮造りフローリングの写真
uzukuri.jpg

●無節羽目板リブ仕上

宮崎県飫肥杉・無節羽目板リブ仕上は、以下のような空間を作り出してくれます。


1.森林の空間を感じることができます

2.飫肥杉特有の色と木目が、自然かつ上品な空間を作り出します


▼無節羽目板リブ仕上の写真
ribu.jpg



2014年06月12日

2014年6月12日のお知らせ

吉野檜の特徴をアップしました

吉野檜はなぜいいの

吉野檜

yosinohinoki.jpg

吉野檜は、奈良県南部、吉野川、高見川、丹生川流域という恵まれた風土と環境の中で植林されます。
苗を植えてから伐採するまで、幾世代にも渡り大切に育てられ、守られて現在に至っております。


その特徴は、

・年輪の巾が細かく均一
・枝打ちをすることで、芯を中心に通直で節の少ない無節の木目がとれる
・色つやが良く、光沢がある

というところです。


しかしながら、現状では、安価な集成材が海外から輸入され、多くの住宅で使われています。
集成材は、軽く加工がしやすくきれいですが、腐りやすく虫に弱いので、相当強い殺虫剤が防蟻剤として必要となります。

殺虫剤は健康を害する恐れがあるにも関わらず、なぜこのような輸入の集成材が使われるのでしょうか。
そこには、住む人のことを無視し、安価で現場での作業効率しか考えていないということが見え隠れします。

自然素材の家づくり研究会では、常に「住む人の健康が第一」とのモットーから、直接人の肌に触れるフローリングは、自然のものでなければならないと考えています。

吉野檜のフローリングは素足のままでも快適で、調湿機能を持ち、人にやさしい住環境を生む、吉野檜をオススメする理由です。


2014年06月09日

2014年6月9日のお知らせ

現場レポート:床材の床鳴り補修方法をアップしました

床材の床鳴り補修方法

現場レポート:床材の床鳴り補修方法

ssama.jpg

今回は、実際の現場で対処する「床材の床鳴り補修方法」についてご紹介いたします。

無垢の床は、無塗装のサネが擦りあって、音が鳴ることがあります。
(工事の季節にもよって変わります。)
しかし、ほとんどの場合、その住宅の風通しなどの自然環境により、1年~2年の間に収まります。

それでも止まらない、もしくはお引渡しの前に少しでも治しておきたいという方のための補修方法です。


Step 1:
サネの床の継目にカッターの刃先をいれます。
隙間が入り、音が止まりやすくなります。

注意:
あまり開けすぎないでください。

▼カッターを入れたところ
katta.jpg


▼床鳴り止まるんです
yukanaritomaru24.jpg


2014年06月08日

キュービックホーム

〒693-0011
島根県出雲市大津町701-7

2014年06月04日

株式会社 晝間工務店

〒230-0073
神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷2-30-17

2014年06月02日

宍戸建設 有限会社

〒992-0057
山形県米沢市成島町2-2-2

悠々ホーム 株式会社

〒987-0321
宮城県登米市米山町西野字古舘廻55-1

株式会社 ヒロ住建

〒981-8003
宮城県仙台市泉区南光台南2-17-11-102

株式会社 池一ホーム

〒202-0015
東京都西東京市保谷町5-3-25

有限会社 ふれんど工房

〒861-1112
熊本県合志市幾久富1909-1505

ページの先頭へ

自然素材の家づくり研究会 事務局03-3348-9608 お問合せフォーム