2013年04月25日

自然素材の住宅だとメンテナンス費用がかかる?

自然素材の住宅だとメンテナンス費用がかかる?ほとんどの住宅会社は、メンテナンスやリフォーム時に必要な費用を説明しません。

営業時にはお客様の予算ギリギリで住宅ローンを組んでもらうわけですから、彼らの気持ちは分からないでもありません。

「築10年したら、住宅ローンに加えてメンテナンスやリフォームが必要です」と説明すれば、資金計画もすべて組み直しになるでしょうし、そんなことになれば契約を逃してしまうかもしれないからです。

しかし、残念ながら確実に、住宅はメンテナンスやリフォームをしなければならなくなります。そして、そこにはお金がかかるのです。

例えば、クロスの貼り替えには40万円、外壁の塗り替えには100万円などという金額になります。

しかもそれらは、10年~15年サイクルでやってきます。

最近は技術の進歩で、外壁の塗り替え頻度も少なくなってはいますので一概には言えませんが、建築時のコストが割安なものほどリフォームやメンテナンス費用が高く、結果的には割高になってしまうことが多いのが現実です。

残念ながら、どのハウスメーカーや工務店でも、住宅ローンの月々の計算は丁寧にアドバイスしてくれますが、メンテナンス費用(ランニングコスト)については触れない会社ばかりです。

私たちの推奨する自然素材を使えば、化学石油製品の塩化ビニル製クロスや合板フローリングやサイディングとは、比べものにならないぐらいのメンテナンス費用でおさまります。

そういった理由からも、私たちはちゃんとした自然素材の使用を、皆様に納得のいくご説明とともにお勧めしています。

ページの先頭へ

自然素材の家づくり研究会 事務局03-3348-9608 お問合せフォーム